5分で完了!MacでGoogleドライブをローカルフォルダのように使うための設定方法

スクリーンショット 2014-01-21 20.22.23

ども、Qtaro(@Daisuke_9taro)です。

MacでGoogleドライブ使ってますか?

僕は普段「Macbook Air」「Macbook Pro」の二つを使い分けていて
がっつり作業するとき、机に構えているときは「Pro」
寝っころがりながらネットしたりなんかしているときは「Air」

みたいな感じなんですが、当然「どっちのPCだろうと共通のファイルを触れるようにしたい」という機会が多くあります。

そんなわけで今回は便利なオンラインストレージの「Googleドライブ」を更に便利に使う為にブラウザを経由せずローカルフォルダのように使えるようにするための設定方法を解説です。

スポンサーリンク

設定方法

まずご自身のGoogleドライブのページにアクセスします。

まだGoogleドライブのアカウントをお持ちでない場合はこちらから
(アカウントの取得方法は割愛)
https://www.google.com/intl/ja/drive/about.html

ログイン後、トップページの左側のメニューから「ドライブをパソコンに接続」を選択。
Googleドライブ接続設定1

次にこんな画面になるので「Mac用のドライブをダウンロード」を選択

Googleドライブ接続設定2

ダウンンロードが完了したらディスクイメージを選択

Googleドライブ接続設定3

Macでお決まりのこの画面がでてくるので、Googleドライブのアイコンを「ポイッ」と右のフォルダへドラッグしてあげます。

Googleドライブ接続設定4

数秒待つとアプリのインストールが完了します。

Googleドライブ接続設定5

インストールが完了したらGoogleドライブアプリを起動します。

Googleドライブ接続設定7

するとスタートガイド的なものが出てくるので、これをモニョモニョと進んでいき「同期を開始」を選択

Googleドライブ接続設定8 Googleドライブ接続設定9

ポップアップが出るので「OK」を選択

Googleドライブ接続設定9

パスワードの入力を求められるので
ご利用のMacにログインしているアカウントのパスワードを入力します。

Googleドライブ接続設定10

パスワードの入力が終わると作業完了。
こんな感じのメッセージが画面画面上部に出るはず

Googleドライブ接続設定11

もう使える状態です!
普通のフォルダと使い方は同様、ブラウザ側とも勝手にファイルが同期されます。

Googleドライブ接続設定完了

おまけ:間違ってサイドバーから消してしまったら?

せっかく使えるようになったのに
何を思ったか誤ってサイドバーからGoogleドライブを消してしまった場合の復旧方法も書いておきます。

Googleドライブサイドバーに復活1

まずは、画面右上部のGoogleドライブのアイコンをクリック「Googleドライブフォルダを開く」を選択

Googleドライブサイドバーに復活2

フォルダが開いたらフォルダを選択した状態で上部のメニューから「ファイル」>「サイドバーへ追加」を選択

Googleドライブサイドバーに復活3

Googleドライブが復活しました!

Googleドライブサイドバーに復活4

まとめ:作業場所を選ばず、ローカルディスクにも優しいGoogleドライブを上手に活用しよう

Brain Wash Cafe
Brain Wash Cafe / marcogomes

設定は以上で完了。後はもうガンガン使うだけです。

やっぱりブラウザからアクセスするよりローカルの操作で完結する方が断然ファイルのやりとりがスムーズです。

あと作業用のファイルや保管先はローカルディスクを無駄に圧迫しないためにもGoogleドライブは有効ですし、何と言ってもネットさえ繋がれば、作業環境(PC)関係なく利用できるというが大きいです。

まだ設定していなかったという方は是非しておきましょう。

ではではこのへんで。良きGoogleドライブライフを〜

<関連記事>
はじめてMac用に外付けHDD買ったらとりあえずパーティション作っておくのがおすすめですよ(簡単です)

簡単!文字化けしない!MacからWindowsに送るZIPファイル作成なら「WinArchiver Lite」がおすすめ
これで充分!Macで無料でOffice使いたいなら「Office Online」が実は超おすすめだった
これでカンペキ!Macで「GIMP(ギンプ)2.8」を日本語化して使うまでの手順・方法まとめ