まずはこれだけ!これからギターを始める超初心者が最初に揃えておきたい道具9つ

まずはコレだけ!ギター超初心者がコソッと一人練習始めるために必要な9つの揃えるべき道具

何か新しいことをやりたい!
学校の部活・サークル活動や仕事の合間に新しい趣味を持ちたい!
そういった方で「ギター始めるぞ!!」なんて思いつく方は結構多いかと思います。

僕は2013年に生まれて初めてエレキギターを購入したんですが「ほぼ放置」状態を経て現在「初心者」に0.5本くらい毛が生えた程度。

ちなみにどのくらいの初心者かというと、「F」は一応できる。「Dsus4」は小指がキツい。一定の4ビート、8ビートストロークくらいならなんとか1曲ジャカジャカ。でも油断すると「バイーーン」っていうレベル。

一応購入してからそれなりに触っていたこともあり、必要最低限のものは身の回りに揃ってます。でもそもそも最初って「まず何揃えたら良いんだろう。。」というの分からなくないですか?僕は全然分かりませんでした。
そんな訳でまだまだ初心者の僕ですが、これからギターを始めるという方が

買った方が良いもの
買わなくて良いもの

超初心者向けに書き出してみました。
僕は以下に記してあるもので家の中でジャカジャカ練習するには十分に事足りてます。
(※()内は予算目安です)

以下に出てくる商品はほぼ実際に自分が購入したもの(今手元にあるもの)ばかりなので「これからギターを始める」という方には参考になるかなと思います。それでは続きをどぞ。

photo by “Music guitar” by @Doug88888

スポンサーリンク

ギター始めるときに買った方が良いもの9つ

まずは買った方が良いものから。というかないと多分困ります。

なので基本的にギター購入時に合わせて購入することをオススメします。もし不足しているものがあれば、いずれ直ぐ必要になるのでなるべく早めに揃えましょう。

①ギター

ハイ、まずは買いましょう!

参考までに僕は3〜4万円程度で中古で購入しました(上記モデル色違い)。もちろんもっと安いのもあります。「初心者だけど、ある程度弾き慣れてきてもそれなりに長く使えるもの」と訪ねると大体薦められたのはこのくらいの金額のものでした。引き心地語れる身じゃないですが、十分過ぎると思ってますw

ちなみに僕は実際にお店に伺って、店員さんに軽く相談して購入しました。このときのポイントは

「変にカッコつけない」

ですね。これ何気に大事。素直に「ギター初めてで、予算コレくらいなんですけど。。」と相談してみましょう。僕が知っている限りでは楽器屋の店員さんは初心者と分かると心優しくしてくれる方が多いです(僕は新宿の石橋楽器店で買いました)

サイト石橋楽器店

もちろんネットでもアチコチで購入できますが、自分の手で触るものなので、やっぱり直接見て購入するか、もしくは既にギターを弾いている知人に相談して購入するのがいいと思いますよー。

②アンプ

続いてアンプ。音を出すヤツですね。アコギの人は不要です。
予算は¥1,000〜¥6,000程度でいいと思います。僕は上のVOXの10Wのものを買いました。

エレキギターの場合、とりあえず安いものでいいので買っておいた方がいいと思います。(アンプ通した音聞くとモチベーションかなり上がります)

僕が買った上記のVOXのアンプは「オーバードライブ(歪み系の音)が残念過ぎる」なんて評価も聞きますが、クリーントーンに関してはこれがど素人の自分から発せられる音なのかというくらいの音出してくれます。僕はすごく満足してます!

あと、見た目がかっこいいのでインテリアにもいいってとこもポイント(←重要)

ヘッドフォン用のアンプもおすすめ(らしい)

「部屋で音出せる?ダメだったらこれもオススメだよ」と店員さんからオススメされたのがコチラ。室内で大きな音出せない人はこれでヘッドフォンで練習するのが良いと思います。

これもオススメされました。
コンパクトだけど良い音出るし結構いいよーとのこと。大きいアンプで場所取られるのが嫌だったり練習場所がコロコロ変わる方はこちらの方が良いかも。ちなみにアンプ用には普通のとは違うエフェクター角電池なるものも必要です。普通の単三とかじゃないのでご注意を。

③ケーブル

ギターとアンプを繋ぐケーブル。予算は¥1,000〜¥2,000
シールドとも呼びますね。

これはギター購入時一緒についてくることもあるので、その場合は不要です!(僕はついてきました)
ただそーゆう付属品はそんなにモノが良い訳ではないみたいなので、高くなくていいのでそのうちでも買った方が良いかもですね。僕は購入後上記のものに買い替えました。

6〜8畳くらいの部屋なら「2m」くらいで十分だと思います。(室内で長過ぎると邪魔だし、値段も高いので)

④ギタースタンド

予算目安は¥1,000〜¥5,000
これは必須ではないと思うんですが、僕はすごく重宝してます。

やっぱ熱はいっている時期は、そのへんに立てかけておいて「サッ」と取り出せるって結構重要だと思うんですよね。もちろん長期期間使わないのであればちゃんとケースにしまう必要ありますが。

あんまりちゃっちいもので、ギター倒れたりすると悲しすぎるので、安いけど安定性もありそうなものを僕は選びました。(¥1,000くらいでした)

僕が購入したものが見当たらなかったので。。値段もお手頃で丈夫そうなものを挙げときます。スタンドに関してはギターによって合う合わないがあったりするので直接お店で見た方がいいかもしれませんね。

※以下はAmazonおすすめ商品

⑤カポタスト

カポ。ギターのネックのとこに挟んで音程変えるヤツ。予算は¥1,000〜¥2,000。これ僕ギター購入時は必要な理由が分からず買わなかったんですが

数日後直ぐ買いにいきました

簡単なコードを覚え始めて、ちょっと弾いてみたいなーなんて曲がカポ必要なんてことは良くあります。ネジで締めるようなプロっぽいヤツもありますが、初心者は値段も手頃なバネ式(?)の挟むヤツで十分。

自分はKyserの上記のヤツです。値段も手頃だし、使いやすい。オススメ。

⑥ピック

ピックです。これは説明するまでもないですね。¥100くらいで買えます

使うの?と言われればなくてもなんとかなりますが、ピックを使った練習も遠からずするのでギターと合わせて購入しておきましょう。僕はオーソドックスな「Fender」のヤツ使ってます。(良さが分かる程上手くありませんw)

⑦チューナー

チューナー。音程が合っているか確認するためのもの。予算は¥1,000〜¥2,000

チューニング方法はホント色々あって、それこそチューニング用の音を発し、耳で聞いて合わせるようなものなんかもありますが(僕にはできないw)、「とりあえずこれ持って置けばいいよ」と薦められたのが上記のクリップ式のチューナー。僕みたいなド素人でもこれがあれば音合わせはバッチリです。

僕はこれで正解でした。チューニングまともにできず音ズレズレのままいくら練習したところで全く意味ないので、ギター購入時に合わせてコイツを購入することをオススメします。

⑧⑨お手入れグッズ(クロス・ポリッシュ)

お手入れグッズ。予算は2つ合わせて¥2,000〜¥3,000
これは細かく拘りだすとホント色々なものがあって買いそろえるのも大変なんですが、最低限万能な楽器用ポリッシュクロスがあればとりあえずはいいと思います。僕は上記の2つしか使ってません。

さすがに何も手入れしないと直ぐ手あかやら指紋やらでとかで汚れてくるので、これもギターを買ったらすぐに揃えておきましょう。更に細かいとこ気になってきたときは必要に応じて買い足していきましょう

すぐは買わなくてもよいもの

ここからは逆に超初心者は買わなくても良いモノを挙げていきたいと思います。

買ってもいいけどすぐじゃなくていいかなぁ。。という物だったり、買わなくて済むものだったり。実際に僕が買ったけど使ってないものだったり。そんなものを挙げていきます。

ギター弦(替弦)

ギターの替えの弦は最初の最初は必要ないと思います。僕は購入しましたが一度も開封さえしてません

もちろん弦は使っていくうちに数ヶ月に1回くらいは変えた方が良いとは思うんですが、ある程度ギターに触ってる時間が長くなってからで十分だと思います。

ギターが新品の場合はいいとして、中古の場合は弦が古いこともあります。購入時店員さんに確認して、あまりに古いようなら購入に合わせて弦を張り替えてもらいましょう。

追記(2014.4.4)

記事公開後、知り合いの方から「人に寄るけど弦切り易い人もいるから1セットはあったほういいよ!」とアドバイス頂きました。ギター買う時とかに店員さんにおすすめ訪ねて買ってしまうと良いかもですね。

メトロノーム

誤解のないように言っておくと、メトロノーム自体は「必須」です。これないとストロークの練習になりません。

なんですが。今はWebメトロノームなるものがネット上のアチコチで無料で公開されていますので敢えて「モノ」を買う必要はありません。

僕は以下のサイトのものを良く使用しています。参考までにー。

コード譜&レッスン本

これも必要ないというより、ネット上の無料で見れるコード譜Youtube等の動画で最初は十分だと思います。

僕はエレキですが、以下のお二方のYoutube動画にはホントお世話になっています。ジャンル問わず基本的な技術を身につけたいなら絶対オススメですよ。

【おまけ】あったら便利かもしれないもの

楽譜スタンド

全く同じものは見つからなかったので、同じ価格帯のものを。。
僕は割とすぐに楽譜スタンドを買いました。(¥2,000くらい)

なぜかと言うと、なんだかんだ言って実際に練習してみるとギターの雑誌だったり、Webからプリントアウトしてきた譜面なんかを「紙」にして見ながら練習するってことがあります。

そーゆうときって意外とギターを弾きながら無理なく広げて見やすい位置に置いておくって難しいんですよね。そーゆとき譜面台があると目の前に見たいもの安定して持って来れるので、ストレスも軽減するし練習が捗ります。

これはギター購入後、必要性を感じたら買うってとこでしょうか。僕もそうですが初心者であれば軽くて折り畳めるもの(アルミ製かカーボン製)で良いと思いますよ(スチール製は激重です)

ギターケース(ソフト)

ギターを購入してケースがついてこないっていうことがあるのか分からないんですが。。

もしないならギターケースをソフトのヤツを買っておきましょう。アコギならハードがいいのかもしれませんが、エレキならソフトでいいと思います。ハードはかさばるし場所とるので。

※以下はAmazonおすすめ商品

まとめ

さて、参考になりましたでしょうか。

上に挙げた買った方がいいものさえ揃えれば、あとはもうひたすら練習するだけです。最低限買うものが分かってしまえば予算感も見えてくるので、手もつけやすいかと思います。これから始めるという方は買えるものはサクッと揃えておきましょう〜

ちなみに僕はこの記事執筆時点で、上記でも挙げたYoutubeの動画見ながら現在「16ビート」ストロークの練習真っ最中。今年一年で自分がドコまで上達できるか、非常に楽しみです。

<追記:2014年9月>
とりあえずパワーコードとかコードワーク簡単なものならちょこちょこと弾けるように。スウィープが全然できない。。

これから始める方も、久し振りにギターに触るぞーって方も、まずは楽器屋さんに足を運んでみましょう〜

今回は以上です

それでは良きギターライフを。Qtaro(@Daisuke_9taro)でした。