「ベジータ様のお料理地獄」を知らずしてドラゴンボールは語れないお話

あの日僕らの心を震わせてくれた「ベジータ様のお料理地獄」はどうやら現代でも謎多きままのようだ

ども、Qtaro(@Daisuke_9taro)です。

あなたはこの曲をご存知だろうか?

これを知らないことにはこの記事は「なんの話をしているやら」となってしまうので、まずは以下の楽曲をご試聴いただきたい。
※イヤホン必須。決して授業中、仕事中に聞かないでください

スポンサーリンク

あのベジータ様が「お好み焼き」を全力で作る歌

いかがでしょう? 初めて聞いた方は腹がよじれそうなのでは?

僕が曲に出会ったのは忘れもしない高校2年生のとき。
同じ部活の友人から「おい、ちょっとこれ聞いてみろよ〜♪」とmp3で聞かされたのが出会いでした。まぁ聞いた瞬間

ちょw 何コレwww

でした。
それもそのはず、あのエリートサイヤ人のベジータが全力でお好み焼き作ってる曲。こんなの聞いてあのいつものベジータを知っている人間が吹かない訳はありません。当然、当時この日からしばらく

「ざく ざく ざぁっく ざくぅぅ〜〜〜ぅ♪♪」

が頭から離れなかったことは想像に難くないと思います。

紛れもない公式発表曲(MADではない)

いろいろ調べてみると、初出は1991年発売の「ドラゴンボールZ ヒット曲集 8 キャラクターズ・スペシャル2」とのこと。 自分が初めて聞いたのが2000年頃なので、全然リアルタイムじゃなかったことが調べていて判明。。

販売されているので当然ですが、紛れもない「公式」曲。もちろんベジータの声も声優堀川りょうさんご本人。MAD(個人の制作物)ではありません。

その後発売されたこちらの「コンプリート・ソングコレクションⅡ」にも収録されている様子。

なぜ作られたかは今でも「謎」のまま

Google先生でアチコチ情報を探して見たものの、「なぜこの曲が作られたのか?」については未だにハッキリとした理由は見つかりませんでした。

上記の【ピクシブ百科事典】に記載がある通り、ドラゴンボール原作者の鳥山明先生の別作「ネコマジンZ」にベジータがゲスト出演し、主人公のネコマジンにお好み焼きをおごる約束をしたなんて話もあるらしいんですが、それ以上の関連性は不明。

当時はまだ漫画もアニメもリアルタイムでベジータが悟空たちに緊張感与える悪役だったり、そのキャラとしてのイメージがとても重要な時期だっただけに

「なぜあのタイミングでこの曲を作ったのか全く理解できない(でもそーゆうところがたまらなくが好き)

という意見がネット上でも多く見受けられます。

このへんの柔軟さが、ドラゴンボールの人気を支える一つの要因だったのかもしれないですね。

まとめ:誰がなんと言おうとドラゴンボールは時代を超えて語り継がれる名作

ドラゴンボールのジャンプでの連載開始日を改めて調べてみると「1984年」。なんとちょうど僕が生まれた年にジャンプで連載が始まっていたことに気付きました!

確かに僕がリアルタイムで見始めたのはセルだったり魔神ブウだったりのとき。。でもそれでももちろん漫画の1巻の話からもちろんずーっと知っているし、それから10年以上経った今でも、漫画は完全版として未だ書店に並んでいます。ここまで時代を超えて日本中で愛され続ける漫画ってホントなかなかないですよね。

だって、小学生の頃は本気でめっちゃ集中すれば「かめはめ波」出せると思ってましたから。(勢い良く「波ぁぁーーっつ!!」とかやって「でた!ちょっ、オレ今ちょっと出たって!」「ちげーし!おまえのそれ「風」だし!」みたいなくだらないやり取りしてたなぁ)

今住んでいる実家のクローゼットにはドラゴンボールが今なお並んでいるわけですが、こんな記事書いているとやっぱ今でもまた読みたくなりますw

上が通常版。下は完全版ですね。

なぜこの記事をこのタイミングで書いたと思われそうなので。。一応書いておくと。こちらの記事の影響でドラゴンボールが頭から離れなくなり勢いで書きましたw

[Å]【笑】フリーザーが!?ベジータが!?ドラゴンボールのラップ動画が私の中で話題! | あかめ女子のwebメモ

普段漫画を読む方もそうでない方も、久しぶりに懐かしの名作に触れてみてはいかがでしょうか?

今回の記事は以上です。
本日もroom9(ルームナイン)にお越し頂きありがとうございました。

それではこのへんで!

関連記事

部屋に籠ってOneMakeJump!!往年の名作「クールボーダーズ2」が発売から15年経った今でも超絶オススメなので紹介するよ!! | room9(ルームナイン)