ウザいと評判のHIKAKIN(ヒカキン)の動画を見てみたらハンパなく損した気分になった件

Youtuber HIKAKIN(ヒカキン) - 好きなことで生きていく

ども、Qtaro(@Daisuke_9taro)です。

最近Youtuber(ユーチューバー)なんて言葉を良く耳にするようになりました。
「Youtuber?何ソレ??」みたいな感じで、まだまだ耳慣れない方も多いかもしれませんが、凄くザックリ言うと動画配信の広告収入で成立つ職業ですね。

でまぁYoutuberといえば

HIKAKIN(ヒカキン)

がやっぱ一番有名。
最早名前だけなら聞いたことない人はいないと言っても過言ではないですよね。

実は僕ヒカキンをこれまでちゃんと見たことなくて
多分一度TV(確かスマスマ)でSMAPと共演しているのを見たくらい。

でまぁ、なんで見てなかったのかというとなんとなく「ヒカキンはウザい」みたいな評判が耳に良く入ってきてたからかなぁと。だから別に嫌いでも何でもなかったんですが「あーそうなんだー」と思って特に興味が湧いてなかったって感じです。

で。そんな僕が、最近ヒカキンのYoutubeをちゃんと見てみました。
結論を言うと「メッチャ損した」気分になりましたという話です。

[photo by] 好きなことで、生きていく HIKAKIN YouTube TVCM

スポンサーリンク

HIKAKINを見て損した気分になった理由

なぜ損した気分になったか。理由は

面白かったから

「え??ヒカキン面白いじゃん?!」ってビックリしました。
彼メチャメチャ面白いですね。同い年くらい(30歳)くらいかな〜思ったら25歳みたいで、それはそれでビックリしたんですが(意外と若かったw)

「分かり易さ」「勢い」重視の動画コンテンツ

まぁ内容に関しては〜、確かに8割、9割は「10代向け」なんですよね。

でも動画のコンテンツってとにかく瞬発力が大事だろうし、そういう「分かり易さ」方向に向うのって特に変なことじゃないと思うんですよ。それを動画でスコープに入れてる世代と同じ目線で例えば僕世代(20、30代)が見たら、そりゃ違和感はあるかもですが。

別にヒカキンだってPCの前で正座しながら見て欲しい訳じゃないだろうし、現に僕は息抜きの時間にニヤニヤしながら「ヒカキン、アホやなぁ〜w」思いながら最近楽しんでます。

思わずアレコレ見たくなる中毒性は抜群

最近でもちょこちょこパフォーマンスはしているようですが、彼がスーパーの店員をやりながら毎日のように作成していた頃のHuman Beat Box(ヒューマンビートボックス)動画はついつい続けてアレコレ見てしまいますね。波動拳とか最高。

単純に「あーすげえなぁ」とも思うし、めっちゃ練習したんだろうなーと感心します。
で、そうこうしてるとHikakinGamesの動画なんかがチラッと目に入ってきて。全然関係ないマリオカートの動画とか見ちゃうんですよね。

ヒカキンうるせぇw

とか思うものの、そんな動画を見てマリカー欲しくなってる自分を見ると、あー達者だなぁ〜とか思う訳です。

前評判は何の役にも立たなかった

まぁ「出る杭は打たれる」なんですよね。

特に本人の意思が十分に伝わるコミュニティの範囲内だったり、ファンだったりの枠を超えて目に留まるような規模になってくると、どうしても「アンチ」は出てきてしまう。ヒカキンじゃないけど、Youtuberに関してTwitter上で良いコメントあったので引用。

ヒカキンの評判も同じかなーと思っていて、活動の影響力や規模が大きくなる程どうしても否定的な意見が目立つようになります。

だからそーゆうものこそ自分の目と頭で実際に判断しないと損すると思うんですよね。周りがウザいとか言うから「俺も俺もー」みたいな態度取るのはなんとゆーか、日本人が大好きな皆の歩く方向に「右へ倣え」的な感じで。

何かしょうもないなーって感じです。

他人の意見は参考程度がちょうど良い

僕はヒカキンに関しては特に否定的な感情は特になかったんですが、少なからず「別に面白くはないんだろうな」というくらいの感覚は周りからの影響を受けていた気がするし、それが興味を持たない原因の一つにはなっていたと思います。

それこそ良く「ビートボックスのレベルが〜」なんて話が僕の周りからは聞こえてきてたんですが、実際に見てみると十分過ぎる程上手いし、そもそも

そこじゃない

彼が実際に叩き出しているチャンネル登録者数430万人、動画再生回数13億回という数字だけを見ても彼の凄さは十分理解出来るはずです。こんな人から学ぶものがない訳がない。2007年頃はこんな感じ。この状態から今があるんです。凄いことですよ。

あーホント損してたなぁ。。
もっと早くからヒカキン見ておけば良かったわ。

まぁ今回は気付けたから良し。
でも自分が手に入れるべきものを人の評価で判断するなんてことは、やっぱ愚か過ぎですね。

別にヒカキンに限らず
ちゃんと目で見て、頭で考えて。自分で判断しましょうぜって話でした。

ひとこと

まぁヒカキン見てたことで同じ事務所の「木下ゆうか」さんの存在を知れたことが
一番の収穫なんですけどね。

もぐもぐ女子最高。ヒカキンありがと。

ではではこのへんで